非常勤と正職員の違い

看護師求人を見てみると、非常勤も看護師も正職員の看護師も、同じように募集している求人もたくさんあります。自分のライフスタイルなどに合わせて、正職員か非常勤かを選ぶ人が多いと思いますが、非常勤と正職員ではどんな違いがあるのでしょう?

・給料面
単純に正職員の基本給と労働時間から時給を計算すると、非常勤の時給の方がはるかに高くなります。これは、非常勤の看護師には、健康保険や年金、ボーナスなどの福利厚生が一切ついていないため。また、夜勤手当や資格手当てなども非常勤では一切つきません。目に見えない手当てや福利厚生の分が時給に上乗せされていると考えると良いでしょう。

・労働時間
正職員では、シフト勤務や3交替、2交替など、医療機関の都合に合わせて勤務時間が調整されます。しかし、非常勤の場合にはあらかじめ勤務時間が決められていて、その時間のみを勤務する事になるので拘束時間も正職員と比べると短いようです。しかし、命や健康を取扱う医療機関という特性柄、勤務時間を終えてもなかなか帰れない事も少なくないようです。

・やりがい
医療機関内で受ける事ができる教育や研修、セミナーなどを受けて看護師としてのキャリアアップをしたい場合には、正職員の方が圧倒的に有利でしょう。しかし、進学や留学、ワーキングホリデーなど医療機関外で人生プランを持っている場合には、非常勤の方がフレキシブルに対応できるのでメリットは大きいと言えるでしょう。