夜勤オンリーの看護師

病床を抱える医療機関で仕事をする看護師にとっては、なんといっても生活のリズムが狂ってしまうだけでなく、体調不良の原因にもなる「夜勤」は頭が痛い存在ですよね。日勤と夜勤が入り乱れた不規則な勤務形態では、誰でも体調を壊してしまいやすいですし、家庭と仕事の両立も難しくなってしまいます。看護師の離職率が高いのも、こうした夜勤が原因になっている事も少なくありません。

看護師を雇用する医療機関側にとっても、夜勤は頭が痛い存在。夜勤ということで夜勤手当を支払わなければいけませんし、看護師が体調を壊して離職してしまっては看護師不足になってしまいますよね。

そこで、医療機関の中には、正職員の看護師には日勤のみを任せ、夜勤に当たる看護師は高めの時給で夜勤オンリーの非常勤看護師でまかなっている病院などもあります。夜勤でももちろん看護の知識や経験は必要ですが、勤務時間に毎日同じ時間帯にすることによって、働く側にとっても体調管理がしやすくなっています。

看護師求人などで見かける夜勤のみの非常勤看護師は、看護師としての経験のある看護師が優遇されます。同じ日常勤の看護師でも夜勤は自給も高いため、仕事と家庭を両立させたい看護師が週に数日間だけ夜勤をしたり、プライベートと仕事を両立させたい人、短期間でまとまった貯金をしたい人などに人気があるようです。ライフスタイルにあっていれば、看護師にとっては頭痛の種でもある「夜勤」も、それほど悪くないかもしれませんね。