非常勤看護師のデメリット

看護師求人でも増えている非常勤看護師。家庭と仕事を両立するために仕事を少しだけスケールバックしたい人などにはとてもメリットが大きな勤務形態ですし、正職員として仕事をする看護師と比べると拘束時間も短いというメリットもあります。

医療機関に足を運ぶ患者さんにとっては、この看護師は正職員で、こっちが非常勤などのように区別しているわけではありません。そのため、非常勤の看護師も正職員と同じ業務をこなす事になります。そこで生まれるのが人間関係。拘束時間が短いために人間関係でも悩まずに住む非常勤の看護師は、そのメリットが考え方によってはデメリットになってしまう事もあるので注意が必要です。

正社員の勤務時間の「つなぎ役」として雇用されることも多い非常勤看護師は、正職員と重なる勤務時間には引継ぎ業務で忙しくなるため、正職員の看護師と仲良くなりたいと思っても、なかなかそうできないことも少なくないようです。

また、看護師の深刻な人数不足で悩んでいる医療機関にとっては、非常勤の看護師でも何とか正職員として仕事をしてもらいたいと考える事も多いようです。そのため、最初は非常勤で仕事を始めても、上司や周囲から何度も頭を下げられて断りきれずに、仕方なく正職員として働く事になる看護師も少なくないのだとか。

色々と難しい人間関係。勤務時間が短く拘束時間も短い非常勤の看護師でも、勤務形態や友人関係などの人間関係で頭を悩ませる事は多いようです。