面接の思い出

"就職活動のときには、数えきれない回数、面接を受けました。そのうち、採用通知をいただいたのは、ほんのわずか。そのうまくいった場合について、振り返ってみたいと思います。
はじめて採用通知をいただいたときには、うれしくて飛び上がりそうでした。しかし、冷静に振り返ってみると、面接で特別すばらしい受け答えをしたわけではありません。ただ、面接会場に早めに着きすぎたため、面接の順番が1番でした。偶然、早く着いただけなのですが、かなり熱意があるように思われたのかもしれません。
また、面接後に再度、電話をかけ「やる気あります」とアピールした会社からは、いったん不採用通知がきたものの、後から採用通知がきました。どうやら、最初に採用された人は断った様子。電話までしてきた私に補欠合格を与えてくれたようです。
とりあえず、変化球でも、やる気をアピールすればよいのかもしれません。"