非常勤看護師として求人を募集している病院情報サイト

非常勤として病院で働きたい看護師さんを募集しています。非常勤の良いところは両立して働けることです。家庭と仕事の両立・勉強との両立など忙しい方でも自分の時間に合わせて看護師として働きませんか? 非常勤の病院求人は少ないですが当サイトでは非常勤のみの医療求人情報を掲載していますのでじっくりとご覧いただけたらと思います。

非常勤の看護師とは?

メディカル系の求人サイトを見ても、最近ではフルタイムで正社員として働く看護師以外にも、パートやアルバイトなど非常勤として働く看護師求人がとても多くなりました。非常勤の看護師とは、医療機関から正社員として雇用されているわけではなく、アルバイトやパートなどの非常勤として雇用されている看護師の事。基本的に正社員と仕事内容が大きく異なるわけではありません。

非常勤看護師の勤務時間は、その医療機関によっても異なります。雇用する側の医療機関にとっては、正社員よりも非常勤看護師を雇用した方が経費がかからないため、夜勤手当などでコストがアップする夜勤の時間帯を非常勤看護師でカバーしたり、人手がたりなくなる季節や時期などには一時的に非常勤の看護師を雇用して、急場をしのぐと言う事も多いようです。

非常勤の看護師にも、仕事をする期間によって大きな差があります。数日間という単発的な看護師求人もありますし、正社員と同じ勤務時間でも雇用形態は非常勤という場合などもあります。非常勤はアルバイトやパートのようなスタイルなので、正社員として仕事をする時についてくるボーナスや夜勤手当・休日手当てのような各種手当てはありません。全てが最初に契約した労働時間に対する時給で計算されます。

あらかじめ配偶者の扶養内で仕事をしたいという人や、勤務時間を短くして勉強と両立したいという人などにも、非常勤の看護師は人気があるようです。また、夜勤オンリーという労働時間で仕事をする看護師の多くも、非常勤という雇用形態になっているようです。

病院での不満

"これまでに病院で感じた不満は沢山あります。一番は注射に関する恐怖です。二番目には怖い先生や、うるさい先生です。三番目として、ヤブ医者みたいな先生が存在することです。
注射に関しては、腕の差を感じます。これに関してはナースさんも含みます。上手な人は必ずいます。下手な人がいることも仕方がないです。指名料金を会計で支払っても構わないので、なるべく私もわがままを言いたいです。可能ならば、担当者を選びたいのです。注射器を扱う方は若葉マークのような、初心者であることを表示していただいても良いかもしれません。
うるさい先生について書きます。どうしてもっと早く、病院に診せに来なかったのか?と、私に対して、偉ぶる先生が居ました。私は怒られたくて(その)病院を選んだわけでは無いのです。言い返したかったけれど我慢をしました。その代わりに、二度とあの病院へは行くものかと感じました。私は思ったのですが、病院を選ぶよりも、その時に当たった先生で満足度が違うような気がします。病院の先生にも色んなタイプがいます。なるべく自分と相性が良い先生に御世話になりたいです。
少し話がそれますが、歯医者の先生に関しても色々と感じます。病院の先生も歯科医院の先生も、私にとっては似たようなものです。やはりアタリとハズレを感じてしまいます。
振り返って様々に思い返してみましたが、病院で待たされることは構わないのです。先生の往診に関して、一番期待しています。担当の先生がいい加減な対応をしてきた場合に不満を感じます。セカンドオピニオンという考えを私が知ったのは、まだ最近の事です。行く病院によって、(先生から)頂けるアドバイスがズレる場合があるので、その点は困ってしまいます。"

順番が、わからない

"先日、個人病院へ行きました。
乳腺科をメインとしていますが、内科、胃腸科も兼ねています。
私は、その日は乳がんの検査で事前に電話をしていきました。
他にも、待合室に女性が数人いて皆検査関係で来ている様子です。
しばらくして私の後にも、女性が2人来て、受付で同じようなことを言われていました。
前に来ている人が次々、中待合室へ呼ばれます。
次が自分の番かと思ったときに、高齢の男性が2人、やってきました。
するとその男性患者が、先に呼ばれたのです。
そのあと30分くらいして、2人そろって風邪だと言って夫婦が入ってきました。
そして、やはり私よりも前に中待合に入ったのです。
少しイラっとしましたが、病状に応じて順番が違うのか思いました。
しかし、次に呼ばれたのは私の後にきた、検査の女性2人です。
順番を飛ばされている気がしてならず、受付に確認しました。
私の顔を見てアレっという表情をしたあと、奥へ確認に入り「次です」と言われました。
結局、午前中の診察の一番最後になり、終わったときには、待合室はガランとして誰いませんでした。
受付順ではないのかもしれませんが、診察の順番がよくわかりませんでした。
"

父の入院時の不満

父が末期の胃癌となり、余命宣告を受けての入院だっため、緩和措置しかできませんでした。父が下血をした時には、なぜか大腸カテーテルを行いました。担当医が出張でいないため、細かい説明もありませんでしたが、余命宣告を受けていて必要だったか疑問に思います。病状が悪化するたびに、病室も変わり、お見舞いに行くたびに連絡もなく病室のベットがなく、他の病室に移動したため、死んだんじゃないかと、2度ばかり心配しました。食事も、最初の2日だけ食べることができましたが、痛み止めが効きすぎて寝てしまい、その後は食事を食べることができなかったため、ゼリー飲料などを食べさせました。点滴と食事以外のケアが全くなかったのが、とても残念です。入院する前には、少しでも食べやすいものを見つけて、カロリーの高いものを食べさせて、体重を回復させた意味が台無しでした。結局、余命1か月から3か月といわれていましたが、入院2週間で亡くなってしまいました。医者が言うには、アルギニン不足による物と言っていましたが、食事のケアはもう少し細かくお願いしたいものです。